さまざまな教育論があると思いますが、歴史の時間軸から考えると、教育は、「人」と「人」が触れ合うことで無限のエネルギーを生み出せるダイナミックなシステムになっています。

例えば、吉田松陰と、その綺羅星の如き弟子たちのように...

すなわち、「人」×「人」=∞ということです。

ところが、ともすると、教育の最前線(受験)では、解く技術や知識の詰め込みになりがちです。 受験する以上、最終的には1点勝負の世界なので、そういう面があることは否定しません。
けれども、将来の職業予測では、IT化が急速に進行し、知識や技術を教えるだけの先生は不要になるそうです。 全てコンピューターが瞬時に正確に代替してくれるからです。 そもそも、受験テクニックだけが全てであるなら、ダイナミックだったはずの教育の良さ、すなわち、生き生き感・みずみずしさが失われてしまいます。

そこで、私たちみらい塾では、教育とはどうあるべきか考えに考えました。

一人ひとりの個性・適性を認める。

一人ひとりの持っている長所を誉め、自律性を促す。

一人ひとりに、なりたい自分をイメージさせる。


それが、その子どもの将来の財産になり、私たちの使命にもなるはずだということです。

そこで、みらい塾では「3つのM」を掲げます。

自分は今・将来、どうありたいのか明確に意識する。 誉め・承認・啓発などの方法でやる気を引き出す。 子どもの内面にミラクルを起こす。
「人」(私たちスタッフ)と「人」(子どもたち)との触れあいから、みらいの自分に向かって突き進んで行ける、自己肯定感にあふれた子どもになって欲しい。

みらい塾のスタッフはそういう願いをもって、日々子どもたちに接して参ります。
Mirai Juku

  • Teaching Philosophy

    教育理念

    私たちが目指していること

  • Our Story

    みらい塾の概要

    私たちが力になります

  • Course List

    コース一覧と授業料

    入会キャンペーン実施中!